鉄ヲタちゃんねる

鉄道情報を発信しています


1: Anubis ★@\(^o^)/
 静岡鉄道はこのほど、静岡清水線に新型車両を導入すると発表した。2016年春からの運行開始を目指し、8年計画で24両(2両編成12本)を導入する。 新型車両の車体はステンレス製。照明のLED化などにより省エネルギー化を図る。営業最高速度は現行車両の1000形と同じ70km/hで、制御方式はVVVFインバーター方式を採用。回生ブレーキと交流モーターを搭載する。主要機器の二重化や台車への滑走防止装置の装備により、安全性の向上を図る。

 外観は「都会的で魅力的な街並みをつくる車両」のイメージでデザインするが、カラーリングは現在検討している。客室は全席ロングシートで、ベビーカー・車椅子スペースも設ける。日本工業規格の一人あたり床面積が現行車両の1000形導入時より広くなったため、定員は1000形より21人少ない119人になるが、利用できる広さは1000形と同じだ。このほか、液晶画面の案内装置なども設ける。

 新静岡(静岡市葵区)~新清水(清水区)間11.0kmを結ぶ静岡清水線では現在、1973年から1985年にかけて導入された1000形24両(2両編成12本)が運用されている。同線に新形式の車両が導入されるのは約40年ぶりになる。

797274

http://s.response.jp/article/2014/11/28/238503.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1417350946/
続きを読む

1: ゆでたてのたまご ★@\(^o^)/
 JR北海道と鉄道建設・運輸施設整備支援機構は、平成28年春に開業予定の北海道新幹線で運転する「H5系」車両を使った初の走行試験を1日、始めた。 JR北海道によると、10両編成のH5系車両が函館総合車両基地(七飯町)から新函館北斗(北斗市)までの約2キロを、3時間かけて往復する。架線から新幹線用の電流が、車両に問題なく流れるかを調べる。

 新函館北斗への到着に合わせて、函館市や北斗市など周辺自治体の住民らが、ホームで式典を開いて出迎える。 走行試験は今後、青函トンネルを含む奥津軽いまべつ(青森県今別町)-新函館北斗の約110キロの区間で実施。 最高速度は1日の時速30キロから、営業運転時の260キロまで段階的に引き上げる。26年度の走行試験は、27年3月1日まで実施する。

lif1412010026-p1

ソース: http://www.sankei.com/life/news/141201/lif1412010026-n1.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1417409235/
続きを読む

1: きのこ記者φ ★@\(^o^)/
 JR東海道線の線路内に自転車を投げ入れたとして、愛知県警は2日、同県清須市の無職正木啓嗣容疑者(29)=偽計業務妨害罪で起訴=を列車往来危険などの疑いで再逮捕し、発表した。 正木容疑者は鉄道ファンだといい、「好きな名鉄の特急『北アルプス号』が(2001年に)廃止となり、 JRのせいと思って腹が立った」と供述しているという。

 県警によると、正木容疑者は9月26日夕と10月10日夜の2回、JR東海の清洲駅(同県稲沢市)周辺の線路内に自転車を投げ入れ、 電車の往来を妨害した疑いがある。いずれも電車が自転車と衝突するなどし、20分以上遅れた。けが人はなかった。 正木容疑者は今年5~8月、4回にわたり、JR東海に「線路の上に寝そべっている人がいるんですけど」などとうその電話をかけ、
電車の運行を妨害したとして、11月11日に偽計業務妨害容疑で逮捕、その後、起訴された。
この捜査の過程で、正木容疑者は自転車を投げ入れたことを認めたという。

32c803cf-s

http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/ASGD22RZ4GD2OIPE007.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1417504336/
続きを読む

1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/
 JR東日本は11月28日、八戸線に導入する車両について、公募による車両調達手続きを試行すると正式に発表した。同社が鉄道車両を公募調達するのは今回が初めて。 調達するのは八戸線用の気動車18両。11月28日18時から日本語と英語で関係書類が公開された。それによると、八戸線を中心に運用している非冷房の旧型気動車を、 冷房付きでバリアフリー設備などを向上した車両に置き換える。

 予定仕様は最高運転速度が100km/h。主な寸法は長さ1万9500mm、幅2920mm、高さ062mmで、台車中心間の距離は1万3800mm、 床面の高さは1130mm(ステップは970mm)としている。機関は直噴式直列6気筒横型ディーゼルエンジンで、出力は331kW(450PS)/2100rpm。車体の材質は軽量ステンレスになる。 (記事の続きや関連情報はリンク先で)

no title
http://response.jp/article/2014/11/28/238491.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1417382581/
続きを読む

1: TwilightSparkle ★
 飯田市本町の商業施設・並木横丁いこいこにある五平もち専門店在来屋で、リニア中央新幹線の“駅弁第一号”となる「信州いいだ五平もち牛肉弁当」が売り出された。地元の食材にこだわり抜いた料理は、リニア開業にかける期待感が隠し味。経営者の松尾邦武さん(54)は「デパートの駅弁大会も狙っていきたい」と意気込む。

 松尾さんは、リニア中間駅が同市内に建設されることが決まったのを受け、街おこしの一環としてリニア駅弁を開発。在来屋が一日にオープンした並木横丁いこいこに移転したのを機に、本格的な販売を始めた。

 弁当はクルミだれの五平もちをはじめ、南信州牛のしぐれ煮、卵焼き、塩イカとキュウリのサラダ、野沢菜の炒め物の計五品。冷えてもおいしく食べられるよう、五平もちのご飯はやわらかめに炊くなど工夫した。 (記事の続きや関連情報はリンク先で)

PK2014112602100259_size0

http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20141127/CK2014112702000010.html
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1417122698/
続きを読む

1: シャチ ★@\(^o^)/
 JR九州は27日、ディーゼル車に代わる次世代車両となる蓄電池電車を筑豊線の若松-折尾間(福岡県)で2016年秋から導入すると発表した。蓄電池電車の導入は同社で初めてで、17年春までに全7編成(14両)とする予定。

 蓄電池電車は大容量リチウムイオン電池を床下に搭載し、最高速度は時速120キロ。電化区間で充電しながら走り、非電化区間はパンタグラフを下げて、電池で走行する。ブレーキ時のエネルギーも充電する。同社がメーカーと共同で設計・製造する。通常は2両で3億円程度だが、蓄電池電車は同4億円程度を見込んでいる。 同社は今後、香椎線(福岡県)などの路線で導入拡大する予定。

001

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141128-00000000-mai-bus_all 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1417102411/
続きを読む

1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/
 千葉県銚子市の高校生たちが、脱線事故で故障した地元の鉄道会社の車両の修理費用にしてもらおうとインターネットなどを通じて集めたおよそ500万円の寄付の目録を鉄道会社に手渡しました。 銚子市内を走る「銚子電鉄」は、ことし1月に脱線事故を起こし車両が故障したため、今も運行本数を大幅に減らしていますが、経営難のため車両の修理はまだできていません。

 このため地元の県立銚子商業高校の生徒たちが、8月からインターネットを通じて寄付を募った結果、これまでにおよそ570万円が集まりました。25日は生徒たちの代表が鉄道会社を訪れ、寄付を企画した3年生の和泉大介さんが手数料分を引いたおよそ500万円の目録を銚子電鉄の竹本勝紀社長に手渡しました。

 受け取った竹本社長は「深く感謝申し上げます。地元の足として観光のシンボルとして、鉄道を守るため力を尽くします」と感謝の意を伝えました。 和泉さんは「支援してくれた皆様にも乗りに来てもらって、これをきっかけに銚子電鉄が盛り上がってほしい」と話していました。 鉄道会社では、来年1月から寄付を活用して車両の修理を行い、4月から運行を始めたいとしています。 (記事の続きや関連情報はリンク先で)

no title
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141125/t10013479291000.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1416954508/
続きを読む

1: かじりむし ★@\(^o^)/
 JR東海の柘植(つげ)康英社長は27日、東京都内で記者会見し、東京・品川-名古屋を最短40分で結ぶリニア中央新幹線について、12月17日に着工することを明らかにした。2027年の開業に向けて、建設作業が本格的に動き出す。

 17日に品川駅と名古屋駅で柘植社長らが出席して安全祈願式を行う。両駅の地下にリニア・ターミナル駅の建設を予定しており、祈願式の後、ターミナル駅の工事に向けた資材や重機の仮置き場確保などの作業に取りかかる。品川-名古屋間の約86%はトンネルで、都市部の地下や山岳地帯のトンネルの掘削など本格的な工事は年明けになる見通しだ。

 柘植社長は「安全や環境保全にきちんと対応して、作業を一つ一つ丁寧に進めていきたい」と述べた。 JR東海は先月、国土交通省からリニアの着工認可を受けた。現在は沿線住民を対象とした事業説明会を開いている。45年には大阪への延伸が計画されており、延伸分も含めた総工費は約9兆円。全額をJR東海が負担する。

JR_Central_SCMaglev_L0_Series_Shinkansen_201408081006

http://mainichi.jp/select/news/20141128k0000m040075000c.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1417101720/
続きを読む

1: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/
 インド鉄道省の報道官は25日、同国の南北をつなぐ高速鉄道の事業化調査を中国が実施する見通しだと明らかにした。 中国が受注する方向で協議が進めば、同国政府が力を入れる高速鉄道の海外進出に弾みがつき、インドに対する日本の新幹線輸出計画にも影響しそうだ。
 
 同日付の中国紙などが、整備事業の概要を報じていた。北部のデリーと南部のチェンナイを結ぶ全長約1750キロの高速鉄道整備は、 総工費2000億元(約3兆8000億円)が見込まれ、来年初めに調査に着手すると伝えられている。 

hexie

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141125-00000139-jij-cn
引用元: ・http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plusd/1416916667/
続きを読む

1: 北村ゆきひろ ★
 2014年11月22日夜の地震(最大震度6弱)により、JR大糸線では土砂の流入などが発生。 11月23日16時現在、同線は一部区間が不通になっています。 この大糸線は、来春の北陸新幹線開業に伴って一部の鉄道ファンから注目されている路線でもあります。

 大糸線は内陸の盆地にある松本駅(長野県松本市)と、日本海沿岸の糸魚川駅(新潟県糸魚川市)を 結ぶ全長105.4kmの路線です。そして途中の南小谷駅(長野県小谷村)を境に松本~南小谷間の70.1kmが JR東日本、南小谷~糸魚川間の35.3kmがJR西日本の管轄になっています。

 現在、大糸線は糸魚川駅でJR西日本の北陸本線と接続しています。北陸本線は米原駅(滋賀県米原市)と 直江津駅(新潟県上越市)を福井、金沢、富山駅経由で連絡するJR西日本の路線です。 しかし北陸新幹線の開業で、並行する北陸本線の金沢~富山~糸魚川~直江津間が第三セクター鉄道に経営分離されます。つまり大糸線は、JR西日本の在来線網から孤立した路線になるわけです。

no title
http://trafficnews.jp/post/36577/
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1416742224/
続きを読む

↑このページのトップヘ