鉄ヲタちゃんねる

鉄道情報を発信しています


1: アベンジャーズ ★@\(^o^)/
  JR九州が今春以降、九州全域で大規模な駅の無人化を計画していることがわかった。2016年度の株式上場に向けて、人件費を圧縮し、赤字の鉄道事業の収支改善を図る。すでに無人の281駅に加え、最大で100駅弱を無人に切り替える方針だ。

 第1弾として3~4月に50駅前後の無人化に踏み切り、その後も段階的に無人駅を増やす。今春に新幹線と観光列車を除く特急列車で客室乗務員を廃止するほか、駅の「みどりの窓口」の削減も検討している。

 JR九州は1987年の国鉄分割・民営化以降、徐々に駅の無人化を進め、九州7県の全566駅のうち半数弱の281駅が無人駅。 今回の計画では、すでに無人駅が多い赤字ローカル線にとどまらず、福岡都市圏の小規模駅も対象になる見通し。 民営化後では最大規模の無人化計画で、今春にも営業エリアの過半が無人駅となる。

JR九州_キハ66系

 http://www.asahi.com/sp/articles/ASH1J633BH1JTIPE02Z.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1421542689/
続きを読む

1: 反日鬱駄死下呂 ◆SHINE.1vOk @もろ禿HINE! ★@\(^o^)/
 中国では14日から15日にかけて、多くのメディアが、永久磁石を利用したモーターを搭載した高速鉄道車両が走行試験を始めたと伝えた。 見出しには「外国による技術の独占を打破した」などの文字が躍った。読者も「おめでとう。研究スタッフはご苦労様」などのコメントを寄せるなど
祝賀ムードだ。 中国の二大鉄道車両メーカーのひとつ「中国南車」が永久磁石同期電動機を搭載した車両を開発し、最近になり走行試験を始めたという。 2016年まで累計30万キロメートルの走行試験を行った後、営業運転に投入する予定とされる。

 記事は「中国で初の『永久磁石高速鉄道車両』であり、わが国が、世界でも少数しかない永久磁石を用いた高速鉄道技術を掌握した国になったことを意味する」などと紹介した。 中国はこれまで、自国の高速鉄道について“自主開発”などと繰り返していた。今回の永久磁石同期電動機を搭載した車両の走行試験開始で、メディアは改めて「外国による技術の独占を打破した」などと強調した。

e90802be

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150117-00000011-scn-bus_all 
引用元: ・http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1421454474/
続きを読む

1: ゆでたてのたまご ★@
 東京・上野と札幌を結ぶ寝台特急「北斗星」と「カシオペア」が通る北海道と青森、岩手両県は13日、JR北海道に対し、2016年春に予定される北海道新幹線の開業後も両寝台特急の運行を続けるよう要請した。

 JR北海道は昨年12月、北斗星の車両老朽化や、青函トンネルで新幹線の走行試験を夜間に行うことを理由に、 3月13日発車便を最後に定期運行をやめ、8月下旬まで臨時運行すると発表。カシオペアは臨時運行を続ける方針を示している。

img_0

http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015011301001997.html 
引用元: ・http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1421136720/
続きを読む

1: ゆでたてのたまご ★@
 札幌-函館を結ぶJR北海道の特急北斗が約1カ月間にわたり自動列車停止装置(ATS)が作動しても非常ブレーキが利かない状態で走行していた問題で、同社は13日、整備担当社員がブレーキの開閉を切り替えるコックを取り違えたのが原因と推定されるとの調査結果を明らかにした。

 JR北海道によると、非常ブレーキは空気弁で作動する仕組みで、通常はコックを開いて針金で固定した状態で運行する。昨年11月28日、函館運輸所(函館市)での運行前の検査で、整備担当の社員が誤って約13センチ手前にある別のコックを開けた状態で針金で固定し、本来開けるべきコックを閉じたまま整備を終了。点検担当の社員も、問題なく整備したと記録していた。

000041649_640

http://mainichi.jp/select/news/20150114k0000m040076000c.html 
引用元: ・http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1421154589/
続きを読む

1: ゆでたてのたまご ★@\(^o^)/
 鳥取県東部の若桜、八頭両町を走る第3セクターの若桜鉄道(19.2キロ)が4月11日、蒸気機関車(SL)を走らせることになった。同鉄道本線をSLが走るのは国鉄時代の昭和45年以来、45年ぶり。鉄道ファンをはじめ全国から見学者を集めそうだ。 同社が若桜駅構内で保存しているSL「C12」に、ディーゼル機関車、客車を連結。ディーゼル機関車の動力を使い、若桜-八東駅間(9.4キロ)を時速15キロ以下でゆっくりと1往復する。客は乗せない。

 今回はSL走行による集客や経済効果などを測る社会実験として実施する。同社と沿線地域が協力して同区間に撮影ポイントや駐車場なども設ける計画で、訪れる見学者の数、食事や宿泊の提供など、地域への経済的影響を検証する。 C12はもともと鳥取機関区に所属し、山陰地方などを走っていた。平成19年、誘客の起爆剤を目指し、兵庫県多可町の公園で保存されていたのを譲り受けた。同社で整備し、現在は圧縮空気を動力に、若桜駅構内で体験運転などを行い、人気を集めている。

 本線を観光列車として蒸気で本格運転する構想もあるが、それには車両や軌道の整備などに5億~10億円が必要とされる。このため、実現には至っておらず、まず観光などへの実際の効果を測ることにしたという。

no title
http://www.sankei.com/west/news/150112/wst1501120009-n1.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1421056574/
続きを読む

1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/
 (台北 10日 中央社)台湾鉄路がこのほど、特急電車タロコ(太魯閣)号用のTEMU1000型車両16両を発注したことが9日、日立製作所の発表で分かった。車両は今年度中に納入される予定で、2016年6月の運行開始を目指す。

 台北経由で西部の斗六(雲林県)と東部の寿豊(花蓮県)を結ぶタロコ号は、2007年5月に台湾初の振子式特急電車として営業運転を開始。 (記事の続きや関連情報はリンク先で)

tarokotop-1024x768

http://japan.cna.com.tw/news/atra/201501100003.aspx
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1421013954/
続きを読む

1: ゆでたてのたまご ★@\(^o^)/
 整備新幹線を巡って、政府・与党のワーキンググループの会合が8日開かれ、財源が確保できる見通しとなったとして、北陸新幹線で延伸される区間の開業予定を3年、北海道新幹線の区間では5年、それぞれ前倒しする方針を決めました。

 整備新幹線の開業時期の前倒しを検討してきた政府・与党のワーキンググループは8日、北陸新幹線の金沢から敦賀まで延伸される区間について、平成37年度をメドとしていた開業時期を3年前倒しにする方針を決めました。 さらに、与党は、このうち金沢から福井の区間について、開業時期をさらに早められないか検討することにしています。 また、政府・与党のワーキンググループは、北海道新幹線の新函館北斗から札幌までの延伸区間についても、 平成47年度をめどとしていた開業時期を5年前倒しする方針を決めました。

 さらに、平成34年度をめどに開業が予定されている九州新幹線の長崎ルートでも、可能なかぎり開業時期の前倒しを目指すことになりました。 一方、これに向け、建設工事の加速に必要なおよそ5400億円の財源については、JRから支払われる使用料が増えることや、建設主体の鉄道・運輸機構が、金融機関から借り入れることなどで確保する見通しになったとしています。

DSC07309-G

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150108/k10014546211000.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1420708645/
続きを読む

1: きのこ記者φ ★@\(^o^)/
 「“超特急”あじあ号:80年前の中国最速の列車は日本人が作った」と題する記事を配信した。あじあ号の豪華さや性能を強調し、その後の新幹線建設のきっかけの1つにもなったと論じた。 読者からは「日本人はよいものを作る」、「(旧満州国領域の)東北人はやみくもに日本人を恨んだ。台湾人とは違うな」 などの声が寄せられた。

 同列車を走らせた南滿洲鉄道(満鉄)は「中国の東北地方で植民地開発を実行するための組織」と紹介。 満洲国についても中国の通例に従って「偽満州国」と表記したが、日本をとりたてては非難・批判しなかった。 あじあ号については、満鉄が「世界の標準を凌駕する」ことを目的に、費用を惜しまず開発したと紹介。 「大陸の黄砂を防ぐための完全密閉式の車両」「客車は空調完備」、「二重窓で騒音を遮断」、 「車両にはマグネシウムやアルミ合金も使い、高速と軽快さを実現」など、特長を多く取り上げた。

 展望車や食堂車も詳しく紹介。メニューや食器類についても触れた。あじあ号の印象的な蒸気機関車「PASINA」の流線型の外観は当時の川西飛行機が風洞実験で空気抵抗を測定したと紹介。 PASINAの最高時速は140キロメートルだが、軌道に震動が発生するため営業上の最高時速は130キロメートルだったことにも触れた。

img120

http://news.infoseek.co.jp/article/searchina_1555970
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1420502490/
続きを読む

1: Anubis ★@\(^o^)/
 館山市の金丸謙一市長は、JR東日本千葉支社に対し、三月のダイヤ改正で平日の運転が取りやめとなる内房線・君津-館山間の特急の復活を要望した。 JR東が発表した改正(三月十四日)によると、運転本数や区間の見直しで、特急「さざなみ」は、君津-館山間で平日運転を取りやめる。

 同区間の特急は、土曜休日運転の「新宿さざなみ」(二往復)のみとなる。 一方、東京-館山間に平日、総武線快速直通の「特別快速」を一往復、新設する。 市によると、金丸市長は昨年末、館山商工会議所や市観光協会の幹部らと千葉支社を訪問。

 「沿線住民や観光、ビジネス客にとり利便性が低下する。鉄道は高速バスに比べ、大量輸送や定時性確保に優れている」として、特急の平日運転の復活と特別快速の増発を求めた。 JR東の石川明彦・千葉支社長は「特急さざなみは利用者が非常に減少している。利用状況を踏まえ判断した。これからも市とは話し合っていきたい」と応じたという。 

sazanami

http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20150105/CK2015010502000135.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1420446432/
続きを読む

↑このページのトップヘ