鉄ヲタちゃんねる

鉄道情報を発信しています


1: 北村ゆきひろ ★
 京急電鉄は2月14日より、ハート型つり革を設置した特別車両「KEIKYU LOVE TRAIN」の運行を始めている。

 同車両は「京急沿線に愛があふれる」ことを願って期間限定で実施するもの。車両に1本ずつ赤いハート型のつり革を設置し、ハートのヘッドマークを掲出したイベント列車(京急2000形・8両1編成)。同電鉄初めての試み。 京急車両に設置されているつり革約95,000本のうち、ハート型はわずか8本のみ。「ハート型つり革をつかむことができた幸運な人は、持ち前の強運で恋が実るかも!?」(同社広報)と呼び掛けている。

 2月14日~28日にかけて「ハートをつかむ愛のメッセージ」を募集する。応募作品の中から一般投票で、優秀作上位8人にハート型つり革をプレゼント。詳細は同キャンペーンサイトで。14日には、新逗子~羽田空港間のエアポート急行で運行。運行スケジュールは日ごとに変わるため、問い合わせは京急案内センターへ。3月14日まで。

no title
http://yokosuka.keizai.biz/headline/1174/
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1423925671/
続きを読む

1: @Sunset Shimmer ★
 姫路駅(兵庫県姫路市)と新見駅(岡山県新見市)を結ぶJR姫新線で蒸気機関車(SL)の復活運行を目指し、兵庫県が2015年度、可能性を探る調査に乗り出す。姫路市からたつの市、佐用町に至る沿線地域の観光の目玉にしたい考え。実現すれば、佐用町のヒマワリ畑を駆ける雄姿や、世界遺産・国宝姫路城とSLが“競演”する光景などが人気を集めそうだ。

 「姫新線SLプロジェクト」と銘打ち、事業費には国の緊急経済対策を活用。15日に発表した14年度補正予算案に調査費などとして1500万円を計上した。姫新線では1936(昭和11)年の全線開通時からSLが運行したが、時代の流れに押され、71(昭和46)年3月に姿を消した。SLで通学していた古市卓爾(たくじ)さん(84)=たつの市新宮町=は「あふれるほどの人が乗っていた。田園の中を走る姿が忘れられない」と懐かしむ。

 同線では十数年前にも、沿線の活性化に向けて地元を中心にSL運行計画が持ち上がったが、費用面などから実現しなかった。 鉄道ファンらの線路への立ち入りを防ぐ警備体制や、排煙に対する沿線住民の合意など、いくつかの課題も浮き彫りになった。

img_0

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201502/0007743224.shtml
引用元: ・http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1424038560/
続きを読む

1: 百谷王 
 2015年3月のダイヤ改正で延伸開業する北陸新幹線の一番列車、また運行を終える寝台特急
「トワイライトエクスプレス」「北斗星」のきっぷが発売され、申し込みが殺到。JR東日本によると、
北陸新幹線の一番列車である東京発金沢行きの「かがやき」501号、金沢発東京行き「かがやき」500号とも約25秒で、各934席が完売しました(「北斗星」は3月以降も臨時で存続)。

 これらの「きっぷ争奪戦」は各メディアで話題になり、「10時打ち」という鉄道ファンにはよく知られている用語が広く紹介されました。JRの指定券は基本的に、その列車が運転される1か月前の午前10時ちょうどに発売が開始されます。「10時打ち」とはその発売開始の瞬間、窓口の係員に端末を操作してもらいレアチケットの入手を図るというものです。

 北陸新幹線の一番列車や最終「トワイライト」のきっぷ発売開始では、この「10時打ち」が全国で行われ、1列車に百数十人しか乗れない「トワイライト」は発売とほぼ同時に、1列車934席ある北陸新幹線「かがやき」でも30秒足らずで完売しています。

no title

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150215-00010002-norimono-bus_all
引用元: ・http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1423996487/
続きを読む

1: スターダストプレス(神奈川県)
 西日本鉄道は、2016年度以降に天神大牟田線などで初の本格的な観光列車を走らせる方針を固めた。西鉄福岡(天神)駅と太宰府や柳川などの観光地を結んでゆっくり走る新型列車を導入し、国内外の観光需要の掘り起こしをねらう。

 特急なら約50分で行ける天神―西鉄柳川間を、通常ダイヤの合間を縫ってゆっくり走らせる計画で、支線の太宰府線や甘木線にも乗り入れる方向だ。食堂車を連結し、西鉄グランドホテル(福岡市)のシェフが沿線の食材を使った料理をふるまうなど、列車の旅を楽しんでもらえる工夫をこらす。

no title
http://www.asahi.com/sp/articles/ASH225J9QH22TIPE023.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1423830740/
続きを読む

1: ジャンピングパワーボム(芋)@\(^o^)/
 阪急電鉄の2300系電車が、3月限りで引退することが決まった。これに伴い同社は2300系の引退記念イベントを実施する。2300系は、1960年に登場した阪急の通勤形電車。回生ブレーキ付きの定速制御を採用したことから、2000系や2100系とともに「オートカー」の愛称で親しまれ、1961年には鉄道友の会の第1回ローレル賞を受賞した。

 阪急は2月20日から2300系の定期運行最終日(3月20日)まで、京都線の2300系7両編成1本(2313号編成)に引退記念の装飾を施して運行。編成の前後に引退記念のヘッドマークを掲出するほか、側面前部にある現行のコーポレートマークを消して、代わりに旧社章のステッカーを側面後部に貼り付ける。また、2月20日から引退記念ヘッドマークをあしらったミニチュアマグネット2種類が、「駅ごあんないカウンター」で発売される。発売額は各種700円。3月21・22日に万博記念公園自然文化園(大阪府吹田市、最寄駅は大阪モノレール万博記念公園駅)で開催される「万博鉄道まつり」でも発売される。

 定期運行終了後の3月22日には、正雀~河原町間を2300系の貸切列車で往復する「さよなら運転ツアー」が行われる。こちちはイベント列車用のヘッドマークを掲出し、車内イベントや正雀車庫での撮影会、イベント列車用ヘッドマークの入札販売などが行われる。ツアーに参加できるのは200人で、旅行代金は2300円。当日は正雀駅に9時30集合、14時頃解散となる予定。申込みは阪急電鉄の京都線運輸課運輸係が郵便はがきで受け付ける。締切は2月28日(消印有効)。

1443574736

http://response.jp/article/2015/02/10/244008.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1423626230/
続きを読む

1: マカダミア ★
 札幌―大阪を結ぶ豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」の3月12日の最終列車の切符が、発売直後にインターネットオークションに出品され、100万円を超える高値が付けられていることが12日、分かった。引退する人気列車はプレミアチケット化する傾向があり、特に運行最終日の切符は、鉄道ファンの垂ぜんの的。ネット等で法外な高値で転売されているのが実情だ。

 最終便の切符は12日午前10時に発売開始と同時に完売。約50分後には「ヤフーオークション」で1枚が出品された。札幌発大阪行きの2人分の特急券とB寝台券で定価は2万3千円ほど。入札は1円からスタートし、約7時間で100万円に跳ね上がった。出品者は、トワイライトエクスプレスの別の日の切符を他に数点出品している。

p1170993

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2015/02/12/kiji/K20150212009796910.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1423755865/
続きを読む

1: すらいむ ★
 静岡市は9日、市内の公園に展示されていた蒸気機関車(SL)D51形を栃木県真岡市に無償譲渡すると発表した。真岡市が運送費用を負担し、トラックで搬送、秋をめどに、9600形SLが保存されている真岡市の施設「SLキューロク館」で公開を始める。このD51形は1938年に製造され、75年まで北海道の函館線や室蘭線で使われていた。引退翌年の76年に静岡市が国鉄から譲り受け、子どもの遊具として人気を集めていた。 

 老朽化のため、静岡市が2012年に解体を決めると、反対の声が相次いだ。いったん栃木県の運送会社への譲渡が決まったが、同社が移送費を捻出できなかったため、白紙になっていた。 
静岡市の田辺信宏市長は「真岡市が保存している9600形も現役時代は同じ路線で使われていたと聞いている。奇跡的な再会ではないか」と話している。 

AS20150209003653_comm

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2015/02/09/kiji/K20150209009781460.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1423475015/
続きを読む

1: ゆでたてのたまご ★
 名古屋市は2015年度当初予算案に、第3セクター鉄道「あおなみ線」(中村区・名古屋-港区・金城ふ頭、15キロ)での蒸気機関車(SL)の運行に向け、レール改修の設計費など2千万円を盛った。16年度以降、車両を借りて年2日間程度、運行したい考え。ただ、設計終了後の改修工事費は3~4億円とみられるほか、2日間の運行には車両の賃貸料など4千万円近い負担も必要になる。出費に見合う効果があるのか、市議会でも賛否が割れそうだ。

 SL運行は、河村たかし市長の持論。街の活性化につながると定期運行を唱えてきた。市は13年2月に2日間、あおなみ線の一部区間からJRの貨物線に乗り入れる約5キロのルートでSLの実験走行をした。計6往復に1200人が乗り、沿線には4万3千人が見物に詰め掛けた。

 市は14年度、定期運行に向け、本格調査。車両を譲渡してくれる鉄道会社はなかった上、専属の機関士などを確保する見通しも立たず、週末などの定期運行は困難と結論づけた。一方で、SLで知られる大井川鉄道(静岡県島田市)から、年2日程度の運行に向け車両が借りられる見通しとなった。ただSLは、あおなみ線の電車の車両と車軸部分の構造が違うため、13年の実験走行では使用しなかった中島(中川区)-金城ふ頭間にあるカーブがきつい箇所で、脱線する恐れがあるという。

 このため市は15年度、この区間のレール付け替えの設計に入る。速度超過を防ぐため、大井川鉄道から借りる車両に、あおなみ線に対応する自動列車停止装置(ATS)を取り付けるための設計も行う。SLをめぐっては13年10月、市がアンケートを実施。複数の選択肢も選べる形で「実験走行をどう思ったか」と聞いたところ、800人近くが回答した。「税金を使ってまで実施する必要があるのか疑問だ」と答えた人が最多で42.2%。ただ「名古屋市に活気・にぎわいがでたと思う」と評した人も40.2%おり、賛否は割れた。市議会の最大会派・自民の議長経験者の1人は、予算審議を前に「SLには、大金がかかる。議論はこれからだが、個人的には賛成できない」と話した。

p1080108_1024x769

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015020990145808.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1423470842/
続きを読む

1: ゆでたてのたまご ★
 8日午後1時40分ごろ、北海道釧路市のJR根室線新富士駅で、構内のポイント付近から火が出ているのを通過しようとした特急列車の運転士が発見した。運転士は列車を緊急停車させ、車掌とともに消火器で消し止めた。けが人はなかった。

 JR北海道によると、火元はポイントの凍結を防ぐヒーター。何らかの原因で過熱し、枕木やポイントを覆うプラスチック製のカバーを焼いたとみて調べている。この影響で、乗務員が消火活動に当たった釧路発札幌行きの特急スーパーおおぞら8号に約25分の遅れが出るなどした。

1019E38080E6B9BFE58E9FE38292E8A18CE3818F

http://www.sankei.com/affairs/news/150208/afr1502080012-n1.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1423399729/
続きを読む

1: ジャストフェイスロック(神奈川県)@\(^o^)/
 鉄道車両メーカーの総合車両製作所(J-TREC)は1月28日、同社のステンレス車両「sustina(サスティナ)」のコンセプト・モックアップを横浜事業所で公開した。これは2014年9月にドイツ・ベルリンで開催された鉄道総合見本市「InnoTrans(イノトランス)」で初公開されたもの。J-TRECの前身は東急車輛製造。日本で初めてステンレス製の鉄道車両を製造したことで知られるメーカーだ。2012年にJR東日本の100%子会社となり、JR東日本と連携しながらビジネスを展開。現在は海外進出を目指している。InnoTransではJR東日本と共同でブースを出展し、グループの総合力をアピールした。

 sustinaはJ-TRECが手がける新世代ステンレス車両のブランド名。モックアップは同社デザインセンターでデザインされた。車体外側は得意とするステンレス車体の技術を進化させたもの。レーザー溶接の採用でパネルの継ぎ目をなくし、平滑でスマートな側面を実現している。 また見た目の洗練だけでなく、アルミ車体と同等の重量まで軽量化したり、強度や水密性を高めたりといったメリットがある。なお乗降扉が車体と同一面になっているのは、外開き式プラグドアを想定した演出だとか。

 いっぽう客室内は、各部にユニバーサルデザイン研究の成果を盛り込んだ提案をおこなっている。座席は乗客の立ち上がりやすさを追求したデザイン。乗降扉が壁面と強いコントラストを見せる色になっているのは、弱視者でも容易にわかるようにするためだ。車椅子スペースの手すりは2段にすることで、ベビーカー使用者や年配者などを含む幅広い人が、手をかけたり体を預けたりといった体勢を取ることができる。ねじれたスタンションポールも、さまざまな掴み方ができるようにすることで幅広い人の利便性を高めようとするデザインだ。

no title
http://s.response.jp/article/2015/02/03/243305.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1423317881/
続きを読む

↑このページのトップヘ