鉄ヲタちゃんねる

鉄道情報を発信しています


1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/
 JR東日本では、2014年7月1日~2014年9月30日の92日間に運転する増発列車の概要を発表。夏休みの旅行・レジャーやお盆期間の帰省に便利な列車を中心に増発する。 夏期間中に増発する新幹線、特急、急行列車は、新幹線 2,152本、在来線 2,546本、合わせて 4,698本。定期列車を合わせた総本数の対前年比は、新幹線 100%、在来線 99%、合わせて 99%となる。

163509077_624

http://www.nejinews.co.jp/news/business/archive/eid5551.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1400874894/
続きを読む

1: かじりむし ★@\(^o^)/
 来春開業する北陸新幹線・長野―金沢間のレール締結式が24日、富山市のJR富山駅構内であり、東京―金沢間454キロがレールでつながった。沿線の長野、新潟、富山、石川4県の首長ら約60人が、ボルトを締めて最後の仕上げをした。開業後は、東京から富山が約2時間、金沢までは約2時間半で結ばれる。

 式典では鉄道・運輸機構(横浜市)の石川裕己(ひろき)理事長が「沿線地域の今後ますますの発展を祈念したい」とあいさつ。工事用車両が通り初めをして完成を祝った。

 長野―金沢間228キロの総工事費は約1兆7800億円。レールの敷設は2010年12月に長野県飯山市の飯山トンネルで始まり、今年3月に富山駅構内でほぼ完了した。

no title

↑写真:北陸新幹線のレール締結式で、通り初めをするモーターカー=24日午後、富山市明輪町、豊間根功智撮影
路線図 no title
http://www.asahi.com/articles/ASG5R5VTPG5RPUZB00H.html#MainInner 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1400929954/
続きを読む

1: ◆azusaI.91Q @あずささん ★@\(^o^)/
 フランス国営鉄道SNCFは20日、地域鉄道網の拡張に向けて発注した約2000もの列車の車幅が広すぎ、 多くの駅で通過できないことが分かったと明らかにした。多額の改修費が必要になるという。 仏鉄道線路事業公社(RFF)の広報担当はこの事実を認め、同公社に責任があるとの認識を示した。

 新型車両の走行を可能にするための駅工事はすでに始まっているが、工事が必要な駅はなお数百カ所残っている。 この問題を最初に報じた週刊誌カナール・アンシェネによると、RFFが、列車を発注したSNCFに誤ったプラットフォームの規格を伝えたために問題が生じたという。

 フランスでは、約1200カ所あるプラットフォームのほとんどが50年以上前に設置されたものだが、 RFFはこの30年以内に設置されたものしか伝えていなかった。改修費はすでに8000万ユーロ(約111億円)に上っているという。

43v150blur550x367

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0E10NA20140521
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1400673442/
続きを読む

1: 無糖果実 ★@\(^o^)/
 西武鉄道(埼玉県所沢市)は19日、同鉄道で最大の乗降客数を誇る池袋駅(東京都豊島区)について、 今年度、全面的なリニューアルに着手すると発表した。また、同鉄道としては初めて、 池袋駅にホームドアを設置する。このほか通勤車両30000系の新造も進める。池袋駅のリニューアルや新型車両の追加投入で、利用客の利便性や安全性が高まりそうだ。

 池袋駅は地上1階、地下1階。列車のホームは1?7番ホームと特急専用ホームの合計8つあり、 一日平均48万人が利用する同鉄道の最大ターミナル。乗客の転落や車両との接触を防ぐホームドアは、 このうち2?6番ホームに設置する。このほかのリニューアル内容の詳細は、近日に発表するとしている。  池袋駅のリニューアルは、同社がこの日発表した今年度の鉄道事業設備投資計画の中で明らかにした。 安全対策、サービス向上などに192億円を投じる計画。この中では、昨年からグレードアップした 30000系通勤車両を、今年度も3編成28両を新造することも盛り込んでいる。

d0041391_18263743

http://news.mynavi.jp/news/2014/05/19/426/ 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1400546602/
続きを読む

1: 幽斎 ★@\(^o^)/
 神戸電鉄は19日、有馬線の普通電車2本が同日朝、本来停車すべき駅を誤って通過したと発表した。 午前6時50分ごろ、新開地発粟生行き普通電車(乗客約120人)が、丸山駅(神戸市長田区)と鵯越駅(同市兵庫区)を誤って通過。運転歴9年の男性運転士(40)が休日ダイヤと勘違いし、 「準急電車」として運転していたという。鈴蘭台駅(同市北区)に停車後、乗客が駅員に伝えて発覚した。

 さらに、午前9時ごろ、新開地発三田行き普通電車(乗客約45人)が丸山駅を通過。運転歴8年の男性運転士(44)も一時的に「準急電車」と勘違いしたという。 運転士は丸山駅の直前で誤りに気付いたが、間に合わないと判断し、そのまま次の鵯越駅へ向かった。

 乗車予定だった客は後続の普通電車を利用。降車予定だった客は上り普通電車で各駅に引き返した。少なくとも乗降客7人に影響したという。 神戸電鉄は「全運転士に対して教育指導を実施し、基本動作の徹底を図る」としている。

神戸電鉄

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201405/0006974345.shtml
 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1400513756/
続きを読む

1: 幽斎 ★@\(^o^)/
トンネル内で線路がX字状に平面交差しているため、 ダイヤ混乱の原因となっていた東京メトロ副都心線と有楽町線の「難所」を解消する工事が、まもなく最終盤を迎える。 都心と埼玉方面を結ぶ西武、東武両線に乗り入れる混雑路線。 解消を求める声は根強かったが、地中で線路を立体交差化するという難工事だけに工期は約6年、総工費は200億円に達し、来年度中にようやく終了する。

 ◆ラッシュの悪循環
 「朝夕の通勤ラッシュで電車がよく止まる。待ち合わせに遅刻する時の言い訳に使えるぐらいここの『平面交差』は有名ですよ」。 通勤で副都心線を利用する東京都練馬区の会社員男性(28)は苦笑いする。

 副都心線と有楽町線の平面交差は、衝突防止のため信号機が備わっており、 運行本数が多いラッシュ時には「通過待ち」が多発。 後続の電車にも遅れが影響する悪循環となり、利用者の間でも評判が悪かった。 そこで、東京メトロは既存のトンネルとは別に、上下線にそれぞれ新しいトンネルを掘削。地中で立体交差化する工事を2010年から始めた。 上り線側は昨年3月までに開通。現在は下り線側の工事が続いている。

no title

http://www.yomiuri.co.jp/national/20140517-OYT1T50103.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1400322013/
続きを読む

1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/
中国メディア・環球網は14日、中国が現在真空チューブを利用した時速約3000キロメートルの スーパーリニアモーターカーの研究開発を進めているという香港メディアの報道を伝えた。

記事は、西南交通大学の研究グループが高温超伝動リニアの有人実験に初めて成功したことを伝えるとともに、 環状の軌道内に真空チューブを取り付けての実験を進めていることを紹介。 研究リーダーが「設計上、無人の状態で最大分速50キロメートルに達する」と語ったことを伝えた。 同大学は真空チューブを利用した超高速リニア技術は試験段階にあり、実用化に向けた研究開発は始まっていないと説明。 今後、プロジェクトチームから技術開発の進捗状況について紹介することを明らかにした。

中国科学院物理研究所の超伝導実験室関係者は「超高速リニアは未来の交通輸送が進む重要な方向だ」とコメント。 一方、実用化に向けては「よりハイレベルな軌道や車体素材が要求される。長距離に及ぶ真空チューブの建設、 維持にかかるコストも大きい」と各種の課題を総合的に考慮する必要があると指摘した。 (編集担当:今関忠馬)

img_807498_37676885_0

http://news.searchina.net/id/1532470
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1400252548/
続きを読む

1: 幽斎 ★@\(^o^)/
 山口県内を走るJR西日本の電車が徐々に黄色一色の外観に生まれ変わっている。 「シンプルなデザインで地域色を強調し、親しみを持ってもらうため」と同社は説明するが、コスト削減も狙いの一つという。だが、路線バスは複数の色を使った塗装が一般的。 二つはどこが違うのか。公共交通機関の塗装事情を探った。

 JR西日本によると、新塗装は「濃黄色」と呼ばれる。岡山から西の「地域色」とされ、 「瀬戸内地方の豊かな海に反射する陽光をイメージした」という。 同社が鋼鉄製普通電車で進める塗装1色化の一環だ。 車両の塗り替えを始めたのは2009年。県内を走る山陽、宇部、小野田各線などの電車を含む下関総合車両所所属の126編成のうち、 今年4月末までに約6割にあたる72編成が新しい塗装になった。 塗り替えはおおむね8年間で終わる計画だという。

no title
濃黄色一色の新塗装が施されたJR西日本の電車=山口市の新山口駅http://www.asahi.com/articles/ASG51535QG51TZNB00Z.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1399952400/
続きを読む

1: ミッドナイトエクスプレス(芋)@\(^o^)/
UQコミュニケーションズは12日、東葉高速鉄道の全線で、WiMAXサービスの提供を開始した。

 従来より屋外基地局を使ったサービス提供は行っていたが、地下駅のエリア整備を実施。東海神駅、北習志野駅、船橋日大前駅、八千代緑が丘駅(地上駅)、 東葉勝田台駅でのサービス提供を開始した。これにより、東葉高速鉄道の駅構内や列車内でも、WiMAXサービスが利用可能となったとのこと。 なおこれら以外の駅・路線では、屋外基地局により利用が可能。

no title
http://response.jp/article/2014/05/12/222988.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1399894219/
続きを読む

1: 幽斎 ★@\(^o^)/
北海道南部を走るJR江差線の木古内−江差間(42.1キロ)が11日、最後の運行を終え、1936年の全線開通以来78年の歴史に幕を下ろした。 沿線の住民たちは、鉄路とともに歩んできた思い出を振り返りつつ、名残を惜しんだ。

 この日、江差町の江差駅前広場には地元の祭り「姥神(うばがみ)大神宮渡御祭」で使われる山車(やま)の一つ「松宝丸」が飾られた。 江戸後期の1845年に建造された和船型の山車で、 ニシン漁や北前船の交易でにぎわった往時をしのばせる地域の宝だ。 1936年11月10日の江差線の開通時にも展示して祝ったといい、 松宝丸保存会会長代行の西川孝平さん(68)は「廃線は寂しいが、 思い出を皆さんにつくってもらいたくて飾った」と話した。  江差駅でのお別れ式典には約1000人が集まった。 町内でお好み焼き店を営む池田浩一さん(61)はこの日のにぎわいを見て、 「普段からこれくらい人が集まっていたら廃止にならなかったのに」と残念そうに話した。

 午後10時7分、最終列車が定刻より約15分遅れで江差駅に到着すると、 地元住民らが「さようなら江差線、ありがとう江差駅」と書かれた横断幕を掲げ、 拍手とともに出迎えた。そして、折り返しホームを去っていく回送列車を江差追分を歌いながら送り出した。 小学1年の時、江差線が開通し一番列車を江差駅で歓迎した思い出があるという同町の無職、辻貞雄さん(84)は「最後の列車にお別れを言いに来た。ご苦労さま」としみじみと語った。【鈴木勝一】
001

http://mainichi.jp/select/news/20140512k0000m040086000c.html
 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1399823465/
続きを読む

↑このページのトップヘ