1: 紅あずま ★
 【 現役時代にD51形498号機やC61形20号機の運転士として活躍し、2006年以降は講師として数多くのSL運転士・電車運転士を養成したほか、鉄道博物館のSLシミュレーターの監修も行った後閑治人(ごかん・はると)氏が解説を担当する。

 上越線水上駅にある転車台広場において、SLを方向転換する回転作業や整備作業を行う様子を間近で披露する。  】  以上引用ここからはURLで 

JR_Hokkaido_C11_171_SL_suzuran
http://news.mynavi.jp/news/2017/06/07/264/ 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496832550/
3: 名無しさん@1周年
そのまま新潟へ抜けろ!

4: 名無しさん@1周年
>>3
清水トンネルで客が酸欠なるぞ。

5: 名無しさん@1周年
機関士と検修と整備とは別物だろ

21: 名無しさん@1周年
>>5
国鉄時代は庫内手→機関助手→機関士ですた

6: 名無しさん@1周年
す‥‥水上駅

7: 名無しさん@1周年
「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」
って有名だけど、トンネル入る前も雪国だと思うんだよね。

8: 名無しさん@1周年
高崎支社で水上駅で後閑さんて

17: 名無しさん@1周年
これ目当てで行ってきたわけじゃないけど
みなかみ村のあの駅のことだよな?
たしかに蒸気機関車が放置されてたなw

19: 名無しさん@1周年
SLの運転士だった割に若い気がするな

20: 名無しさん@1周年
す・・・水上

22: 名無しさん@1周年
D51よりも、高崎線の整備が先だろ
事故もないのになんでしょっちゅう止まってんだ?

コンテナ型 ラバーパスケース 18D形