1: 次郎丸 ★
 【 冬の北海道の釧路湿原を走る観光列車、「SL冬の湿原号」が26日から今シーズンの運行を始めました。

 JR北海道の「SL冬の湿原号」は、北海道東部のJR釧網線のうち、釧路駅と標茶駅の間のおよそ48キロを1日1往復する冬の観光列車です。  】  以上引用ここからはURLで 

JRH-SL_Sitsugengou
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20190126/k10011792461000.html 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548585252/
3: 名無しさん@1周年
しべちゃちょうなんて読めないよ

4: 名無しさん@1周年
SLはただの飾りでディーゼルで押してるだけのやつ

26: 名無しさん@1周年
>>4
だから押さないで済むなら、現役として使われてるから

5: 名無しさん@1周年
標茶線乗りたかった

7: 名無しさん@1周年
今はディーゼル繋いでないよ。
今日乗ってきた。
2号車はいいぞ

14: 名無しさん@1周年
補機のDE15のほうが先に逝ってしまいそうな状況だけどどうすんのかね。
東みたいに自走客車でもでっち上げるのか

15: 名無しさん@1周年
釧路にはDE15ってまだあんの?もうDE10しかいないと思ってた

16: 名無しさん@1周年
あの赤いDE15はもうなかったか。あれ石勝線のトンネル車両火災のときに燃え残りの車両引っ張り出してたよな。

19: 名無しさん@1周年
北斗星はまなすが廃止され
日高線も根室線も復帰断念し
まったく行く気がなくなった北海道

20: 名無しさん@1周年
よく凍らねえな

鉄道とファン大研究読本