鉄ヲタちゃんねる

鉄道情報を発信しています


カテゴリ:JR > 西日本

1: 水星虫 ★
 【 定期の普通列車としては運行距離が全国で最も長いJR山陽線の岡山と山口県の下関を結ぶ列車の運行が3日で最後となり、JR岡山駅には鉄道ファンが集まって別れを惜しみました。

 最後の運行となったのは岡山駅を午後4時17分に発車する下関行きの普通列車です。去年の3月から運行されていてその間82駅に停車しながら384.7キロを7時間33分かけて走り、JR西日本によりますと定期の普通列車としては運行距離が全国で最も長くなっていましたが4日のダイヤの改正に伴って3日が最後の運行となりました。  】  以上引用ここからはURLで 

hqdefault
http://www.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024377661.html?t=1488648903000 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1488649254/
続きを読む

1: 孤高の旅人 ★
 【 JR西日本は24日、大阪環状線と桜島線の新型車両「323系」の営業運転を開始した。

 一番電車は午後4時9分に大阪市の京橋駅(内回り普通電車)を出発。ホームには多くの鉄道ファンが押し寄せ、乗れない人もいた。  】  以上引用ここからはURLで 

JR_west_323kei
http://www.sankei.com/west/news/161224/wst1612240064-n1.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1482610229/
続きを読む

1: 死神の騎士 ★
 【 JR西日本は29日、豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス 瑞風」の運行を2017年6月17日に始めると発表した。

 JR西によると、旅行代金は1泊2日のロイヤルツインで1人27万円。今年12月5日に受け付けを開始する。  】  以上引用ここからはURLで 

1086310
http://www.sankei.com/west/news/161129/wst1611290050-n1.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1480406370/
続きを読む

1: ぷらにゃん ★
 【 JR西日本は11月22日、同社と智頭急行の全線、宮島フェリーが2017年1月1日限定で乗り放題になる「元日・JR西日本乗り放題きっぷ2017」を12月11日に発売すると発表した。山陽・北陸新幹線や特急なども利用できる。

 料金は、普通車用が大人1万5500円、子ども(6歳~12歳未満)3000円、グリーン車用が大人1万7500円、子ども5000円(いずれも税込)。1人から使えるが、子どものみの利用はできない。  】  以上引用ここからはURLで 

JR_West_223_series_EMU_021
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/22/news128.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1479889369/
続きを読む

1: あずささん ★
 【 来年春から運行が始まる豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」の試運転が行われ、停車駅の一つで報道陣に公開されました。

 兵庫県のJR城崎温泉駅にゆっくりと姿を現した「トワイライトエクスプレス瑞風」。中高年を中心に、全国で豪華寝台列車が人気を集めていることなどを受けてJR西日本が作りました。

 まだ外観をお披露目できないためラッピングが施されていますが、重厚感のある車体は「瑞風」
グリーンに彩られています。  】  以上引用ここからはURLで 

maxresdefault
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-00000005-kantelev-soci
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1477734385/
続きを読む

1: 魔女ライラス ★
 【 JR西日本は29日午前10時~午後3時半、大阪府吹田市目俵町1丁目の車両基地「吹田総合車両所」を一般公開する。昨年3月に定期運行を終えた寝台特急「トワイライトエクスプレス」の車両を初めて展示するほか、運転士体験や列車との綱引きが楽しめる。無料。

 同車両所の一般公開は年1回で、普段は見られない作業の様子を披露したり、珍しい車両を展示したりしている。例年1万人近くが訪れるという。今年は、大阪―札幌間を走るなどした「トワイライトエクスプレス」の客車と食堂車の7両を初めて展示。ほかにも特急列車や技術試験車を展示する。  】  以上引用ここからはURLで 

Twilight_Express_EF81_44_20130106
http://www.asahi.com/articles/ASJBP3V4KJBPPTIL00S.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1477260432/
続きを読む

1: ここん ★
 【 JR西日本は、来年1月以降、列車のすべての乗務員にタブレット端末を配備することでダイヤが乱れた際の速やかな対処や、外国人の利用客への対応に活用していくことになりました。

 JR西日本によりますと、来年1月以降、タブレット端末が配備されるのはすべての在来線の乗務員を含むおよそ8600人です。

 タブレット端末には専用のアプリが入っていて、▽事故や台風などでダイヤが乱れ乗務する列車が急に変わった場合でも、最新の時刻表を検索できるほか  】  以上引用ここからはURLで 

602861
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20161014/3477281.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1476404434/
続きを読む

1: ダイビングエルボードロップ(兵庫県)@\(^o^)/ [US]
 【 兵庫県姫路市と岡山県新見市を結ぶJR姫新線(全長約158キロ、全36駅)が誕生80周年を迎え、記念列車の出発式が10日、たつの市の播磨新宮駅で行われた。同線のうち姫路-上月間は一時、利用が低迷したが、2015年度の乗客は300万人を超え、V字回復。沿線住民や関係者ら約200人が節目を祝い、発車を見送った。同線は1936(昭和11)年に姫路-新見間が開通。同年10月10日に姫新線と命名された。

 姫路-上月間の利用客は66年、最多の590万人を記録したが、沿線で幹線道路の整備が進み、減便などで一時は低迷した。その後、新型車両の導入で所要時間の短縮を図るなどし、1
5年度は34年ぶりに300万人を突破した。

 出発式では、沿線自治体でつくる「姫新線利用促進・活性化同盟会」会長の栗原一・たつの市長が「300万人を回復したのは奇跡的。姫新線をもっと愛着の持てる路線にしたい」とあい
さつした。  】  以上引用ここからはURLで 

JRW_series127_Kishin
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201610/0009572732.shtml 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1476190968/
続きを読む

1: バーニングハンマー(兵庫県)@\(^o^)/
 【 なじみ深い〝オレンジ〟が、ついに引退を迎える。年内にもJR大阪環状線に新型車両が投入され、昭和40年代からずっと親しまれてきた「103系」が順次、姿を消していく。都市の大動脈で例を見ないほど長期間にわたって変わらず用いられ続けたオレンジ色の車両は、関西在住者にとって愛着を通り越し、シンボルとなっていた。「なくなる前に乗ろう」「記録するなら今のうちに」…。別れを惜しむファンが次々と足を運ぶ。

 一方、「暗い」「汚い」などと負のイメージが強かった大阪環状線の駅施設でも、半世紀前の全線開通以来初めてとなる大規模改装が進んでいる。  】  以上引用ここからはURLで 

JR_West_Osaka_loop_line_103-248
http://www.sankei.com/west/news/160930/wst1609300003-n1.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1475372587/
続きを読む

1: ナス八 ★
 【 西日本旅客鉄道(JR西日本)と大阪外環状鉄道は26日、JR京都線の新大阪駅から大和路線久宝寺駅までの新線として計画している「おおさか東線」北区間の新しい4駅の概要を発表した。新大阪―放出間に「西吹田」「淡路」「都島」「野江」の4駅を設ける。鴫野は片町線の同駅にホームを新設する。

 おおさか東線は全長20.3キロメートルの区間。南区間の放出―久宝寺間は2008年3月に開業している。 】  以上引用ここからはURLで 

鶴橋駅_ホームから撮影した201系大阪駅マーク付きと225系
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO07659220W6A920C1LDA000/ 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1474925434/
続きを読む

↑このページのトップヘ