鉄ヲタちゃんねる

鉄道情報を発信しています


カテゴリ: 西武

1: 砂漠のマスカレード ★
 【 西武鉄道(西武)は3月19日、10000系「レッドアロークラシック」の定期運行を4月29日限りで終了すると発表した。 】  以上引用ここからはURLで 

Seibu-Railway_Series10000-10105F
https://response.jp/article/2021/03/19/344134.html
引用元: ・https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1616144491/
続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★
 【 このTwitterと画像は、「富山地鉄アテンダント【公式】@t_chitetsu_ad」2020年12月14日の投稿。地図は鉄道チャンネルによるイメージ。 富山地方鉄道 稲荷町テクニカルセンターにも雪がちらついた……というTwitter投稿のなかに、富山地鉄でまだ走ってないくるまがいる。  】  以上引用ここからはURLで 

1920px-西武10000系電車・ちちぶ号
https://news.livedoor.com/article/detail/19458302/
引用元: ・https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1609246000/
続きを読む

1: さかい ★
 【   西武鉄道は5日、昨年3月にデビューした新型特急「001系Laview(ラビュー)」が、鉄道愛好者の団体「鉄道友の会」(須田寛会長)制定のブルーリボン賞を受賞したと発表した。  】    以上引用ここからはURLで 

1280px-Seibu_001
https://www.saitama-np.co.jp/news/2020/06/06/08_.html 
引用元: ・https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1591497731/
続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★
 【 だいたい、1つの鉄道会社が持っている路線はどれもつながっているのが普通である。中心になるような、いわゆる“本線”ともいうべき路線を中心にいくつも枝線を張り巡らせて便利なネットワークを構築するのだから当然のことだ。ところが、誰もが知っているとある大手私鉄に、ぽつんと離れたところを寂しく走っている路線がある。その名も西武多摩川線―。  】  以上引用ここからはURLで 
続きを読む

1: シャチ ★
 【 西武鉄道の池袋―西武秩父駅間で四半世紀以上走り続けてきた特急ニューレッドアロー号が3月13日で同区間の定期運行を終える。翌14日のダイヤ改定に合わせた措置。 】  以上引用ここからはURLで 

1280px-西武特急三世代並び
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00000014-asahi-soci
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1582683704/
続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★
 【 ムーミンの世界や北欧のライフスタイルを体験できるテーマパーク「メッツァ」。その最寄駅、西武鉄道 飯能駅が、フィンランドデザインを採り入れてリニューアル。

 駅構内は、ホーム~階段~コンコース~それぞれの目的の場所へと誘うように、木材を模した膜天井を設置。誘導を促すカモメをモチーフとした鳥も配置した。  】  以上引用ここからはURLで 

no title
http://news.livedoor.com/article/detail/16102901/
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1551589313/
続きを読む

1: プラチナカムイ ★
 【 これまで見たことがない車両を目指した新型特急。沿線の観光需要をけん引する。

 先頭部分が丸みを帯びた、特徴的なデザインの電車。西武鉄道が3月16日から運行を始める、新型特急車両「Laview」。  】  以上引用ここからはURLで 

laview_list
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190215-00412076-fnn-bus_all
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1550162874/
続きを読む

1: ばーど ★
 【 西武鉄道は29日、東京都内で記者会見し、2019年春にデビュー予定の新型特急車両の名称を「ラビュー」と発表した。建築家妹島和世さんが、車両の外観や座席など内装のデザインを担当。 】  以上引用ここからはURLで 

train-invisible-japon
https://this.kiji.is/429458069380924513
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1540780869/
続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(東日本)@\(^o^)/ [EU]
 【 西武鉄道はこのほど、2018年度末に運行開始を予定している新型特急車両の基本デザインが決定したと発表した。

 新型特急車両は3つのデザインコンセプトをもとに、外観・内観とも「いままでに見たことのない新しい車両」を目指す。  】  以上引用ここからはURLで 

593f961085951
https://news.goo.ne.jp/article/tetsudoshimbun/trend/tetsudoshimbun-entry-1055.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1497364426/
続きを読む

1: 紅あずま ★
 「東村山駅付近」など2区間で工事が始まり、別の2区間が今年3月、都の計画で「新規に着工を準備する区間」に位置づけられた。西武鉄道も積極的な設備投資を行っている。

 連続立体交差事業は都の都市計画事業。踏切による交通渋滞、事故の危険性をなくすことなどを目指し、鉄道で分断されていた周辺のまちづくりにも貢献する。「社会資本総合整備計画」で都が準備を位置づけた後、地元自治体、鉄道事業者と連携して事業化。国の交付金も得て、鉄道の高架化または地下化による連続立体交差を実現する。

 都建設局などによると、すでに工事が着手され事業中なのは「東村山駅付近」と「中井―野方駅間」。このうち「東村山駅付近」は、駅を中心に新宿線、国分寺線、西武園線の延長約4・5キロを高架化して5か所の踏切をなくす計画。2015年1月に工事に着手しており、24年度末の完成予定。  以上引用ここからはURLで  

Seibu-2081F
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160731-OYT1T50008.html?from=ytop_main6 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1469916836/
続きを読む

↑このページのトップヘ